日本産アロマ「yuica(ゆいか)」とオークヴィレッジがNHKの「あさイチ」に登場!


NHK総合テレビ「あさイチ」12月6日(月)午前8:15からの放送のアロマ特集でオークヴィレッジと日本産アロマ「yuica(ゆいか)」が「和のアロマ」として紹介されました!!!


「あさイチ」でyuica(ゆいか)が紹介 「あさイチ」でyuica(ゆいか)が紹介
「あさイチ」でyuica(ゆいか)が紹介 「あさイチ」でyuica(ゆいか)が紹介
「あさイチ」でyuica(ゆいか)が紹介 「あさイチ」でyuica(ゆいか)が紹介



稲本正代表

特集ではオークヴィレッジ代表稲本正も登場し、飛騨高山の森からとれた「和のアロマ」について説明しました。

「癒し」「リラクゼーション」「介護」など、様々な分野で注目を浴びているアロマ。ですが、日本のアロマ業界で出回っているエッセンシャルオイル(精油)や他のアロマ商品は95%以上が海外産。そこでオークヴィレッジの関連会社である正(せい)プラス株式会社が提供している、日本の森から生まれたアロマ「yuica(ゆいか)」とオークヴィレッジが製作している様々なアロマ関連グッズが、NHK総合テレビの朝一番の番組、あさイチで脚光を浴びました。




「香る森の惑星」や「香る銀河」など代表稲本の新作品も登場

「香る森の惑星」や「香る銀河」など
代表稲本の新作品も登場

香り付きオルゴールツリー

香り付きオルゴールツリー

森の7 days bathと風呂桶セット

森の7 days bathと風呂桶セット




日本の森

特集の中ではあさイチの石井レポーターがオークヴィレッジと「yuica(ゆいか)」の本拠地、岐阜県飛騨高山の山奥まで来て下さり、オークヴィレッジ代表稲本に色々な質問をなげかけてくれました。

まずは「yuica(ゆいか)」の原材料がとれる森の紹介。「yuica(ゆいか)」はアロマの世界ではあまりない「木のアロマ」です。飛騨高山に生息する様々な木の枝葉から主にアロマを抽出しています。クロモジ、ニオイコブシ、ヒメコマツなど、アロマの原材料としては珍しい樹木から、ヒノキやスギなど日本人にはなじみの深い樹々もお見せしました。

石井レポーターは全ての樹木に興味津々で、時には地面に這いつくばるくらい体を木に近づけられて、野生の木の枝葉から放たれる香りを嗅いで下さりました。自然の森の香りが素晴らしいものだ、ということを、実際森に入られて実感していただきました。


材料となる木の枝葉などを提供してくださるのは飛騨高山の森林組合の方々。これらの材料は森林を手入れしたり、木材を集める時に出てくるもので、今までは捨てられていました。それをアロマの原材料として有効活用することによって、地元の森林組合の方々も大喜び。材料を提供して下さっている方のインタビューも番組に盛り込まれました。



森からとれた材料は粉砕機により、細かく粉砕されます。

粉砕 水蒸気蒸留

「水蒸気蒸溜」という手法で「yuica(ゆいか)」は抽出されます。木によって抽出できる量は随分違うもの。モミの木はたくさんとれますが、クロモジはそれほどとれません。お値段の違いも抽出量によって左右されます。

こうしてとれた日本の森のアロマ「yuica(ゆいか)」。エッセンシャルオイルやルームスプレーの他、様々な関連グッズと共にお使いいただけます。

yuicaイメージ 森の7 days bath

あさイチの特集では、香り付きのオルゴールクリスマスツリー、香りのカード、香りのアクセサリー、香り付き携帯ストラップ、香りのカップなどオークヴィレッジが製作する色々なアロマ関連グッズを紹介してもらいました。




yuicaお取り扱い店舗一覧

ページトップへ